【下書きとテスト機能】ABテストを効率的に!Google広告のABテスト実施機能の設定手順まとめ

ABtest

こんにちは、広告担当のPooyanです。

Google広告で成果を上げていくためには、クリエイティブの入れ替え、入札戦略の変更といった様々な手を広告キャンペーンに加えていって、何が最適かを探ることが非常に重要となります。

しかし、変更を行って結果が伴わなかった場合、元に戻すには労力と時間がかかる上、クライアントにもご迷惑をかけてしまう可能性が生じてしまいます。

そこで一般的には、複数のクリエイティブや戦略を並行して動かす、もしくは一定の期間ごとにひとつのクリエイティブなどを入れ替えていく「ABテスト」を実施・検証することが行われていますが、これを効率的に行える機能をご紹介したいと思います。

下書きとテスト

Google広告では、「下書きとテスト」という機能を使ってABテストを実施することができます。

単にキャンペーンを複製してABテストを行うと、既存のキャンペーンに自動最適化がかかっていて、そちらの広告ばかりが配信されてしまい、きちんと検証ができないというケースが起こりうります。

しかし、この「下書きとテスト」は各キャンペーンの予算配分を決めることができるため、その心配はありません。

また、この機能を使って変更したキャンペーン(テストキャンペーン)の成果が良かった場合、その設定を元の(既存の)キャンペーンに反映させることができるため、効率良くテストを終了させて次の施策に移ることが可能です。

なお、「下書きとテスト」機能が有効なのは、検索キャンペーンディスプレイキャンペーンになります。ショッピング、動画、アプリキャンペーンでは利用できませんのでご注意ください。

【「下書きとテスト」設定手順】

「下書きとテスト」の設定手順は、次のとおりです。

① Google広告管理画面で、テストをしたいキャンペーン(元になるキャンペーン)を選択します。

② 左部メニューから、「下書きとテスト」をクリックし、「キャンペーンの下書き」を開きます。

ABtest

③ 「+ボタン」をクリックして、下書きの名前を設定します。任意でこの下書きに対する説明文を加えることもできます。

④ 左部メニューの「下書き」欄に③で作成した下書きが作成されます。

これを選択すれば、通常のキャンペーン同様に各種設定を行うことができますので、今回テストしたい内容を設定していきます。

ABtest

⑤ 再び左部メニューから、「下書きとテスト」をクリックし、「キャンペーンのテスト」を開きます。

⑥ 「+ボタン」をクリックして、「下書きを選択」から④で設定したキャンペーンを選択テストの開始日終了日予算配分を設定します。

ABtest

ここで言う「予算配分」は、元のキャンペーンで設定した予算をどの割合で配分するか、ということになります。

例えば、元のキャンペーンの予算が10,000円、予算配分が50%であれば、元のキャンペーンとテストキャンペーンで5,000円ずつ使われる形になります。

⑦ 設定を完了し保存すると、テストキャンペーンが作成されてテストが開始されます。テストキャンペーンは、フラスコのようなアイコンが表示されます。

⑧ テストキャンペーンの設定を元のキャンペーンに反映したい場合は、テストキャンペーンを選択して、上部メニューの「適用」をクリック、「元のキャンペーンに変更を適用」を選んで適用します。

ABtest

なお、元のキャンペーンを停止し、テストキャンペーンを本キャンペーンとして利用する場合は、「新しいキャンペーンに切り替える」を選びます。

どちらの場合も、元のキャンペーンとテストキャンペーンの掲載結果データ(クリック数やコンバージョン数など)を統合することはできないため、クライアントへのレポート作成などで統合データが必要になった際には自分で計算する必要があります。

広告バリエーション

また、「下書きとテスト」には「広告バリエーション」という機能もあります。こちらはテキスト広告もしくはレスポンシブ検索広告の一部を変更したバージョンを作成してテストすることができる機能です。

先述の「キャンペーンのテスト」でもテキスト広告だけを変更することは可能ですが、こちらは複数または全てのキャンペーンを対象にして、テストバージョンの広告を作成することができます。

また、変更した内容を既存の広告に反映させるだけでなく、新たな広告のパターンとして追加することも可能です。

「広告バリエーション」の名前のとおり広告のテストに特化していますので、状況に応じて適切な方を選ぶのがいいでしょう。

「広告バリエーション」作成手順

「下書きとテスト」をクリックし、「広告バリエーション」を開いて、

・対象キャンペーン
・変更する内容(特定ワードの置換、見出しの入替、その他の変更)
・実施期間と予算配分

を設定して、テスト開始となります。

ABtest

効率的なABテストを行おう!

ABテストは一度やって終わりというものではなく、何度も実施するものです。

その度に労力もかかりますから、こうした機能を有効活用して効率的に行っていきましょう!