Youtube広告でYoutubeチャンネル登録を増やす方法! Youtube広告のメリットとメニュー紹介

youtube広告

こんにちは、Oz linkのリスティング隊長のshimorerです。

ここ数年で大きく成長しているYoutubeですが、最近ではコロナ禍の影響もあり、普段よりも多くネットで動画を見る時間が増えているようです。

また、芸能人のYoutuberデビューに加えて、おうち時間を有効活用した一般人のYutuberデビューも増えています。

今回はそのYoutubeにおいて、特にYoutuberからの相談が多いチャンネル登録の増やし方について、その中でも広告を使って獲得を伸ばす方法を紹介します。

圧倒的な知名度やカテゴリ、アップの回数やタイミングに加えて、タイトル、説明文、ハッシュタグの付け方によっても閲覧数は比較的に改善しますが、早いタイミングでチャンネル登録を増やしたい場合は、やはり広告を利用するのが手っ取り早く効果的かと考えられます。

優先的な広告媒体選択の考察

基本的に、Youtubeでチャンネル登録を増やす際に一番優先的に配信したいのは、Google広告内からのYoutube広告です。

そこで、なぜYoutube広告がチャンネル登録獲得の広告として優れているかをご説明致します。

①効果計測が出来る

YoutubeはGoogle社のサービスなので、Amazonや楽天などのモールと同じく、タグやキャンペーンコードによるコンバージョンの設定が出来ません。

また、Youtube側のAnalyticsを使用して、外部からの視聴回数や視聴時間までは確認することが出来ますが、詳細にどの媒体からチャンネル登録があったかまでは追いきれないため、外部広告では改善が出来ない仕様となっています。

そうなると、おのずとYoutube広告が最優先媒体となります。

②チャンネル登録への心理的距離が短い

一般の広告での基本で考えると、LPに対してリスティング広告やリターゲティング広告を配信するのが一番成果が上がりやすいので、そちらが最優先となりがちですが、Youtubeにおいては必ずしもそうでないと言えそうです。

広告配信の方法としては、

上記の外部広告 → LPで紹介や動画埋め込み → コンバージョン(チャンネル登録)、もしくは外部広告 → Youtube動画

と言う流れが考えられますが、どちらも普段よくYoutubeを見ているユーザーかどうかはあいまいで、またLP経由の場合は、クリック数より視聴回数は下がると考えられます。

逆にYoutube広告は、Youtube内で配信するかたちとなり、Youtubeを普段から見ているユーザーに対して配信でき、また事前に動画の内容をある程度把握してから訪問してくるので、チャンネル登録に繋がりやすいと考えられます。

以上の理由から、YoutubeにおいてはYoutube広告がチャンネル登録のハードルが低く、改善も継続的に行えるという面で最優先となります。

Youtube広告のメニューについて

それではYoutube広告における広告メニューについてご紹介します。

基本的にYoutube広告はGoogle広告の管理画面から配信を行います。広告メニューとしては大きく以下の3種類が用意されています。

①インストリーム広告

Youtubeの動画開始画面や動画の途中に再生され、5秒経過するとユーザーがスキップできる広告です。

30秒以上の視聴(30秒未満の動画の場合は視聴完了まで)、もしくはクリックで課金が発生します。

②バンパー広告

インストリームと同様に動画開始時や動画の途中に再生されます。

特徴としては

・6秒以内の動画にて入稿
・スキップ不可
・1000回単位でのimp課金

となります。

③ディスカバリー広告

登録した動画のタイトルや説明のテキストなどから、関連動画や検索キーワードを抽出し、リスティングやコンテンツマッチのように、閲覧動画の下や横の再生リスト、または検索画面の上位などに掲出でき、視聴単価(クリック単価)にて課金がされます。

この中でもおすすめは、③のディスカバー広告です。

同じような商材や趣味に興味があるユーザーやリスティング同様に検索しているユーザーに対してクリック課金(レポート内では視聴単価課金)にて出稿が出来るので、費用帯効果が合いやすくなります。

効果測定や改善方法について

基本的にチャンネル登録がされたかどうかの確認は、Youtube広告の「動画」のタブにて表示される、チャンネル登録の数で判断を行います。

その他のレポート画面ではチャンネル登録数が表示されないので、基本的に比較をする際は、広告グループやキャンペーンを分けて数値を見ていく必要があります。

また、改善や調整については、動画ごとのチャンネル登録数や、グループごとに個別に設定したターゲットに基づいて精査を進めます。

Youtube広告を最大限に活かそう!

以上、簡単にではありますがYotubeでのチャンネル登録を増やす施策をご紹介しました。

Youtube広告は今年に入ってからもご相談を受けることが多く、これからまた事例も増えていくかと思いますので、また追ってご紹介できればと思います。