October 07.2020

【Photoshop業務効率化】現役デザイナーがおすすめする設定やテクニックを大公開!

photoshop

こんにちは、WEBデザイナーのしろくまです。今回は、私が普段の業務で最も使用するソフトAdobe Photoshopのおすすめしたい設定やテクニックをご紹介します。

「あまりスタンダードに言われていないけど、実は超おすすめ!」という、ちょっとマニアックで実用的な内容ですよ!

これじゃなきゃ落ち着かない!Photoshop基本設定ベスト3

Photoshopのおすすめ基本設定ベスト3を見ていきましょう!

<第1位> レイヤー範囲のみを表示

■「レイヤーパネルオプション」の「サムネールの内容」を「レイヤー範囲のみを表示」にする

通常、レイヤーのサムネールの表示は「ドキュメント全体を表示」が選択されています。

これはレイヤーパネルのサムネールが、画像全体を表示している状態で、レイヤーのパーツが画像のどの位置に配置されているかが分かるようになっています。

これを、「レイヤー範囲のみを表示」とした場合、レイヤーのパーツがサムネールいっぱいに表示されます。

そのため、それぞれのレイヤーがパッと見ただけで、「これは赤い丸のレイヤー」「これは水色の三角のレイヤー」と分かりやすくなり、操作性が格段に上がります。

<第2位> ドキュメントサイズを常に表示させる

■ドキュメントウインドウの左下、表示倍率の横の設定を「ドキュメントサイズ」にする

これは特にWebデザイナーの方におすすめの設定です。

ドキュメントの縦横のピクセル、解像度が表示されるので、うっかり間違ったサイズや解像度で作業してしまうミスを防ぎやすくなります。

<第3位> レイヤーの名前に「コピー」と付くのを防ぐ

■「レイヤーパネルオプション」の「コピーしたレイヤーとグループに「コピー」を追加」のチェックを外す

これは個人の好みも大きいかもしれませんが、このチェックを外すとレイヤーをコピーした際に「〇〇のコピー」と名前が付くのを防げます。

photoshop
photoshop

ショートカットやアクションに入れておくと超便利ベスト3

Photoshopの便利ショートカットベスト3を見ていきましょう!

<第1位> スマートオブジェクトに変換

Photoshopでデザインを作成する際に必須といっても過言ではない、レイヤーをスマートオブジェクトに変換。私はこれを「F2」に設定しています。

スマートオブジェクトに変換したいレイヤーを選んでショートカットをポチ! この小さな効率化は時間の短縮だけでなく、作業ストレスを軽減するのでおすすめです。

<第2位> レイヤーの50%縮小

写真や図形などを50%以上縮小したいとき、「Ctrl+T」で自由変形をよびだし、時には画面からはみ出している大きなバウンディングボックスをつかんでドラッグしてサイズ変更……というのもいいのですが、意外と面倒だったりしませんか?

私は50%縮小をアクションに登録し、そのアクションにショートカットを割り当てています。このショートカットを2回押すと25%に縮小されます。私はこれを「F5」に設定しています。

<第3位> レイヤーのスタイルをコピー、ペースト、削除

レイヤーにドロップシャドウを付けたり、境界線を付けたりととても便利なレイヤースタイル。

これの<コピー><ペースト><削除>を、それぞれショートカットに設定しておくこともおすすめです。

私の設定は、レイヤースタイルのコピーが「Shift+F9」、レイヤースタイルのペーストが「Shift+F10」、レイヤースタイルの削除が「Shift+F11」です。

ここでShiftを使用しているのにも理由があります。あるレイヤーのスタイルを、複数のレイヤーに張り付けるときに便利だからです。

以下のような手順で行います。  

  1. オブジェクト Aをマウスでクリックして自動選択し、「Shift+F9」でレイヤーのスタイルをコピーします。
  2. コピーしたスタイルを貼り付けたい複数のオブジェクトを選択。
    この時、貼り付けたいそれぞれのオブジェクトを、Shiftを押しながらクリックします。
  3. 「Shift+F10」で複数のレイヤーにスタイルをペーストします。

何より大切なのは自分が使いやすいかどうか

ご紹介した設定やショートカットは私個人が使いやすいと思っている設定で、これがPhotoshopを使うすべての人に向いているとは限らないと思っています。

また、ショートカットや設定は変更しない方がやりやすいという方もいらっしゃいますよね。大切なのは「自分が使いやすいかどうか」だと思います。

私しろくまはPhotoshopが大好きなので、Photoshopユーザーの皆様の日々の業務が少しでも快適になるお手伝いが出来ればうれしく思います!