Ozlink LAB

  • CREATIVE

October 03.2018

デザイン制作に役立つGoogle画像検索の使い方|欲しいイメージがすぐ見つかる方法!


こんにちは。デザイナーのしろくまです。

みなさん、「Googleの画像検索」利用されていますか? 

Googleの画像検索は、目的とする「キーワード」「色」「サイズ」「更新日」などを指定して画像を絞り込めたり、ある特定の画像から類似の画像を検索できたりと、すごく便利なツールなんですよ。

そこでここでは、仕事でも大活躍してくれる「Googleの画像検索」の有効活用方法についてご説明します。

「キーワード」から画像を検索する

それでは例として、「化粧品のバナー」を探してみましょう。

1.Googleの画像検索画面を開いてください。
https://images.google.com/

2.検索バーに「化粧品 バナー」と入力し検索をします。

3.化粧品のバナーがたくさん表示されました。

色は水色、ピンク、オレンジ、ゴールドなど。サイズは正方形、6:4や7:3ぐらいの横長などがあり、色もサイズも様々です。

その中でイメージに近い画像を見つけクリックします。

選んだ画像に関する情報と、関連画像などが出てきます。

関連画像の右下「もっと見る」をクリックすると、選択したイメージにより近しい画像が表示されます。

ツールを使用し、目的に合わせたフィルタリングをする

「色」「サイズ」フィルタ

もっと具体的にイメージを絞り込みたい場合は、検索バーの右下辺りにある「ツール」をクリックします。

「サイズ」「色」「ライセンス」「種類」「時間」「類似の画像」「その他のツール」「リセット」が表示されます。

これらを使用してイメージする画像をより詳細に設定しましょう。

ピンク色の画像を探したい場合は「色」をクリックし、「ピンク色」を選択します。

するとキーワード検索した時とは異なり、画面がピンク色の画像で埋め尽くされました。

サイズ指定をすることも可能です!

たとえば160×600pxの縦長の画像が見たいとしましょう。

サイズをクリックするとプルダウンメニューが表示されます。

「大」「中」「アイコンサイズ」「最小サイズ」「サイズを指定」が出てきます。



指定したサイズの画像が表示されました。

「時間」フィルタ

さらに、最近の画像が見たい場合は「時間」をクリックします。

「1年以内」などを選ぶと比較的最近の傾向を読むことができるでしょう。

注:ただし古い画像が最近UPされているなどの場合もありますので、すべてが新しい制作物とは限りません。あくまで目安としましょう。

画像を直接アップロードして検索する

画像で画像を探す

先程はキーワードから目的の画像を検索しましたが、「この画像と似た画像を探したい!」という時は、その画像自体をGoogleの画像検索に直接アップロードして検索しましょう。 たとえば苺の画像を検索するとしましょう。

1.苺の画像をGoogleの画像検索画面にドラッグします。

2.「ここに画像をドロップ」という画面がでてきますので、ドロップします。

「ドロップした画像のサイズ」「類似の画像」「一致した画像を含むページ」などの情報が出てきます。

もし、自分がこの果物を「苺」と知らなくても、画像検索が「これは苺ではないですか?」と教えてくれたり、類似したいろいろな画像からイメージを膨らますことができたりします。

画像で画像を検索する方法はドラッグ&ドロップ以外に、

●画像をアップロードする
●画像のURLを使用して検索する
●サイト上の画像を右クリック ⇒ Googleで画像を検索(Chrome)

などの方法もあります。

自由に利用できる画像の検索

【ライセンス】フィルタ

検索オプションを利用して「自由に利用できる画像」を検索することもできます。

デザインの制作で使用することはまず無いと思いますが、企画書等を作成する場合にはこの機能を知っていると便利でしょう。

検索オプションの「ライセンス」で目的に応じた項目を選定してください。

レベル1:ライセンスでフィルタリングしない
レベル2:改変後の再使用が許可された画像
レベル3:再使用が許可された画像
レベル4:改変後の営利目的での再使用が許可された画像
レベル5:非営利目的での再使用が許可された画像

指定していない状態ではレベル1の「ライセンスでフィルタリングしない」になっています。

ここでレベルを指定したとしても、Google は下記の注意書きがあるため、画像を利用する際は責任をもって個別に確認する必要がありますのでご注意ください。

注:コンテンツを再利用する前に、ライセンスが正当であることと、再利用に関する正確な規約をご確認ください。たとえばライセンスによっては、画像の再利用に際して作成者の表示が求められます。Google では、ライセンスのラベルが正当かどうかの確認は行っていません。したがって、法的にコンテンツの使用が許可されているかどうかは保証できません。

画像検索は慣れるまで角度を変えた手法で!

いかがでしたでしょうか? 画像検索で狙った画像を探すのには、ある程度の慣れが必要になってきます。

なかなか思う画像にたどり着かない時は「キーワードを変えてみる」「キーワードを英語にしてみる」など様々な手法を試してみてください。

それでも見つからない場合は参考ギャラリーサイトやPinterestなどを見るのもおすすめです。

▼Google画像検索Help
https://support.google.com/websearch/answer/112511